文化資產局臺灣世界遺產潛力點
* 首頁 * 網站導覽 *
Today:2290 Total:4807869 / 火曜日 2024/4/16

金門戦地文化

國家:,Nation:,国家: 台湾
所在地:,City:,郡部: 金門県
方位:,GPS:,位置: N24.22~24.32
E118.08~118.28
入選時間:,Selected:,選択した時間: 2003
特殊價值:,Special:,特殊な値:
相關影音
所在位置
  • *
  • 基本說明
  • 環境介紹
  • 歷史沿革
  • 入選說明
  • 相關資訊
  • 連結
  • 我要勘誤
*

方位:金門島は福建省の南東、九龍江河口の外側に位置しています。台湾から西へ約270キロメートルに、アモイの外港から東へ約10キロメートルにあり、中国大陸の角嶼からの距離はわずか1.8キロメートルです。金門の地理座標は東経118度19分、北緯24度25分で、緯度は台中地域と同程度です。

対象地域:金門県の管轄範囲は金門本島と烈嶼、大胆島、二胆島など大小12の島に及び、総面積は151平方キロメートルです。金門本島は中部が狭く、東西は幅が広くなっており、東西の長さは約20キロメートル、南北は東端の最も長いところで約15.5キロメートル、中央部の最も狭い部分はわずか3キロメートルです。世界遺産登録を目指す地域の範囲は、テキ山坑道と九宮坑道の2カ所の重要な戦地遺跡、瓊林、水頭、古寧頭、珠山、山后、欧サク、浦辺、后浦頭、碧山、後浦歴史城鎮といった計10カ所の伝統集落の核心地域約7.7平方キロメートルです。緩衝地域の面積は14.8平方キロメートルで、範囲の総面積は約22.5平方キロメートルです。(テキ=羽かんむりに佳、サク=がんだれに昔)

金門は亜熱帯モンスーン気候に属しており、中国大陸の南東地域と沿岸から流れ込む寒波の影響で、冬は乾燥し寒く、春は霧が多くなります。一年のうち雨が多く降るのは4月から9月までで、年間平均降水量は約1000ミリです。島の地勢は主に花崗片麻岩からなる老年期の波状丘陵と赤土の台地、海岸低地で構成されています。低い台地がそれよりわずかに高い花崗片麻岩の丘陵を取り囲んでいて、丘陵地の大部分は金門国家公園の敷地内に含まれています。赤土の台地は主に金門本島の西部に分布しています。海抜253メートルの主峰・太武山以外には高く切り立った山はありません。河川は短く、海岸は曲線状になっています。

 

金門は長期にわたって開発が続けられてきましたが、現在でも特殊な生態景観が残っています。特にカワウソやカブトガニは台湾ではあまり見られません。カワウソは主に夜になると本島の水域に出没します。泳ぎや潜水が得意ですばしっこく、魚捕りの名人です。「生きた化石」とも称されるカブトガニは沿岸生物で、その成体は高潮帯の砂浜で産卵を行います。幼生は潮間帯に生息しているため、人類に捕獲されたり汚染や生息地の破壊などの影響を受けたりし、命を落としやすくなっています。そのため、カブトガニの存在は潮間帯の健全性を反映する指標になります。近年では生息地に人の手が加えられ、カブトガニの数はだんだん少なくなっています。また、金門の近海ではシナウスイロイルカの姿を捉えることもできます。

金門戦地文化は世界が「熱戦」から「冷戦」へ、さらには現在の「平和共存」に向かうまでの過程にあって、最も整った形で保存され、最もよく実情を示した場所です。世界で唯一の戦争文化遺跡でもあります。ドイツのベルリンの壁は追憶のために一部が残されているだけであり、朝鮮半島の38度線は休戦状態。ベトナムでは、かつての南北間の溝はほとんどなくなり、金門対岸のアモイでも、対峙していた時期の施設はほとんど残されていません。一方で金門は戦場の管制のためにビン南文化と華僑の文化が完全な状態で保存されており、金門と世界文明の交流の影響が続いている多元的な文化が形成されています。これは世界でもこの地にしかない強みです。(ビン=もんがまえに虫)

 

特殊な地理的位置と歴史によって、金門には豊かな文化財や伝統集落、戦場文化、自然資源が残されています。1992年に戦地政務が解除された後は、国家公園計画に着手し、1995年10月18日に金門国家公園が正式に設置されました。金門国家公園は台湾で初めて歴史・文化資産と戦場文化の保護を主な目的とし、さらに自然・生態系保護の機能を備えた国家公園となっています。

 

金門は国家安全保障防衛の最前線とされ、長期にわたる戦備のために金門島の至るところに防御工事が施されています。鄭成功の「反清復明」から蒋介石の「反共復国」まで、度重なる戦火の洗礼はこの地に深い歴史の痕跡を刻みました。冷戦下では民主世界と共産政権の最前線となりました。金門はその点で重要な歴史的意義を有しています。


 

「金門」は、かつては浯洲や仙洲と呼ばれました。ほかにもゴ江、ゴ島、滄海、滄ゴなどの古称も有しています。「金門」という名称が付いたのは明代の洪武20(1387)年です。太祖・朱元璋の命により江夏侯・周徳興は福建沿岸に合計5衛12所を建設し、12所の一つとして金門守御千戸所城(金門城)が設置されました。金門は福建南東部の河口を固く守り、内陸のショウ州とアモイを防衛し、外側の台湾と澎湖を抑えつける役割を担っていたため、「固若金湯、雄鎮海門(難攻不落の城のように海の扉を固く抑えつける)」の言葉に由来し、「金門」と名付けられました。(ゴ=さんずいに吾、ショウ=さんずいに章)

 

金門の住民の多くは中原から福建に渡り、さらに福建から紆余曲折を経て金門にやってきました。この地に移り住んできた人々のルーツは大まかに6つに分類できます。

一、五胡乱華により、混乱を避けて開拓にやってきた晋の人々

二、馬を放牧し荒れ地を開墾した唐代の陳淵

三、海を渡り開発に来た宋代・泉州の有力家族

四、元代にこの地に製塩場を建設した人の末裔

五、明・清代に沿岸地域の要所を守った軍人の子孫

六、生計を立てるために移り住んだ近隣地域の漁師、農家、商人など

 

それぞれの移民は開墾のためにこの地に居住し、ある人は血縁関係により集落を築き、ある人は地縁により同郷になり、これまでの長い期間における定住や婚姻関係が積み重なって最後には共同体となり、彼らは金門を開拓する中心的存在となりました。金門の歴史は晋代から記録が残っており、近年では復国トン(カ殻トン)で貝塚遺跡が発見されました。また、料羅では更新世のものとみられる植物の化石の一部が発掘されました。地下から掘り出されたこの2種類の遺跡と地質構造によって、金門に8000~3500年前にすでに人類が居住していたことを確認できるかもしれません。(トン=土へんに敦、カ=虫へんに可)
 


4世紀の東晋の時代から金門には中原の人々が開墾に訪れました。開発が早い時期から始まっていたため、これまでに蓄積された歴史や文化、それに加え歴代の学問の盛んさにより、科挙登第者の豊かな文化が生まれました。また、移民の多くはショウ州と泉州の出身だったため、建築物や風俗の多くはビン南様式にならっています。40年続いた軍事統制により、金門の都市化は遅れ、そのために史跡が豊富に残されています。

 

伝統的なビン南式建築は、金門国家公園内で最も多く見られる文化資産です。欧サクや珠山、水頭、瓊林、山后、南山、北山といった代表的な集落には、いまだにショウ州と泉州の様式の伝統的なビン南式建築物が保存されています。れんがの使い方や装飾の表現方法、平面の配置の仕方はいずれも変化に富んでいて、土地に合わせた工夫と美観を有しています。過去の職人たちの高度な技術と非常に独特な地域のスタイル、芸術の豊かな生命力を感じさせてくれます。

 

 “番仔楼” と呼ばれる洋風建築は、中洋折衷の洋館であることに大きな特徴があります。清末民初に海外に渡り商売をしていた華僑によって持ち込まれた西洋の建築様式に地元の建築文化を織り交ぜ、より多様性のある住居様式が生み出されました。宗祠の多さはもう一つの特殊な建築文化です。金門の集落の多くは単一の姓を持つ親族により形成されており、それぞれの集落には先祖を祀る当該姓の祖廟が設置されています。そしてそれはまた、祖廟を中心としたある種の同姓一族の集落社会を形成しています。祖廟の多くはビン南式が採用され、間取りはほとんどが二進式となっています。大きさは一般の住宅より大きく、それぞれの祖廟は一族の歴史の縮図となっています。

 

金門は古くから争いの地となっていました。14世紀末、明は倭寇の侵略を防ぐため城を築き、「金門城」と命名しました。そしてその後この地は「金門」と呼ばれるようになりました。1949年、中国大陸の陥落後、中国共産党軍は台湾や澎湖を侵攻するため、金門諸島の占領に乗り出し、同年10月25日早朝、金門島の北側・古寧頭の一帯に上陸しました。敵軍の襲来に対し、国軍は奮戦し、2日間で素早く敵を撃退することに成功しました。この戦いは「古寧頭戦役」と呼ばれています。1958年8月23日、共産党軍は再び金門に対し猛烈な砲撃を行いました。戦いは44日続き、受けた砲弾は100万発近くにのぼりました。これは「金門砲戦」(八二三砲戦)と称されています。金門に対する宣伝弾や威嚇射撃はその後20年にわたって定期的に続けられ、1979年の中華民国と米国の国交断絶を機に停止されました。

 


幾度もの戦闘により島内の防御工事は強固さを増しました。これらの戦闘に関連する史跡の村落や特殊で勇壮な坑道は、金門島における世界遺産登録を目指す範囲の代表的なものです。古寧頭集落地域は古寧頭戦役の主戦場であり、壁は崩れ、無数の弾痕が残る北山洋楼はこの戦闘の歴史を物語っています。太武山には有名な防御工事や戦役記念館、例えば太武山を貫く中央坑道や瓊林民防坑道戦闘村、八二三戦史館などがあります。馬山地域には中国大陸に向けてプロパガンダ放送を流していた馬山播音站があります。古崗地域のテキ山小艇坑道や、烈嶼の九宮坑道、紅山、貴山、双口戦闘村、湖井頭戦史館などはすべて、血と涙にまみれた歴史を記録しています。

 

金門は特殊な地理的位置と歴史が生んだ豊富な文化財、伝統集落、戦場文化、自然資源を擁していることから1993年に戦地政務が解除された後、国家公園化計画が進められました。1995年5月25日に行政院(内閣)によって決定され、同年10月18日に正式に金門国家公園管理処が設立されました。管理処は内政部営建署の管轄の下、運営管理を担当し、豊富な文化資産と特殊な戦場文化、多様な自然・生態系の保存と活用を進めています。

4世紀初頭に中原の名家が移住してきたのを皮切りに、その後続々と唐、宋、元、明、清の人々が、1949年には国民政府軍がこの地にやってきました。金門の文化や経済、政治の歴史と1500年来の移民の動きは密接に結び付いています。移民は伝統的なビン南式建築群や難攻不落と称される特殊で勇壮な軍事遺跡、宗教信仰、冠婚葬祭や年中行事の風習など、多様な文化遺産を残しました。これらの文化遺産は「歴史回廊」を構成し、祖先たちの暮らしのあり様を感じさせてくれます。これは世界遺産登録基準第2項と第4項を満たしています。

金門ならではの戦地文化は「負の世界遺産」(対立、戦争、悲劇)から、「正の世界遺産」(和解、平和、喜劇)へと向かう望ましい教育と啓発の働きがあります。人類が平和共存を追い求めるという普遍的価値を表しており、世界遺産登録基準第3項を満たしています。

金門の伝統集落と住居配置の根本精神は宗法(祖先を同じくする血縁集団の規則)の倫理を体現しています。宗法、倫理は抽象的な支配の力で、具体的には「空間」の建設により強化されるとされ、このような空間に対する考え方により金門の伝統集落の形態が出来上がりました。古くの金門人が生計のために海を渡り、外来文化の影響を受けて故郷の金門に建てた「洋館」建築も内部の設計は宗法、倫理の制約を受けており、「伝統が第一、外来文化は二の次」という中洋折衷の建築に対する考え方が表現されています。これらの伝統集落は、現在では抗いがたい現代化の流れを受け、存続が危ぶまれています。これは世界遺産登録基準第5項に合致します。

姓名:,Name:,Name:
聯絡電話:,Tel:,Tel:
電子郵件:,Email:,Email:
內容:,Content:,Content:
驗證碼:,Valid Number:,Valid Number:
Captcha
提醒您,勘誤表單欄位皆必填,請確認資料正確再送出,謝謝。 ,英文提醒 ,日文提醒
*
推薦瀏覽
*

開平碉樓和村落

多層防衛性的村落屋舍展現出一種融合中國與西方結構的複合性與華麗感。遺產包括四組碉樓與村落群,代表了近...
*

麻六甲與喬治城,麻六甲海 峽的歷史城市

麻六甲與喬治城的發展超過500年,來自亞洲與歐洲的影響賦予它們獨特的有形與無形多元文化遺產。麻六甲城...
*

琉球王國的聖地遺跡與相關建築

日本沖繩島南部的古蹟群,包括琉球國的城牆遺跡、古城以及王陵等。在琉球語中,???(Gusuku)指的...
*
熱門瀏覽
*

蘭嶼集落及び自然景観

方位:地図上の正確な位置と地理座標は台湾本島南東の太平洋上にあって、台東から約49カイリの場所にあり...
*

水金九鉱業遺跡

方位:水金九鉱業遺跡は、「東北角」と呼ばれる台湾の北東部の海沿いに位置し、北は太平洋に面し、東に無耳...
*

パイワン族及びルカイ族の石板屋集落

対象地域:代表的な老七佳というエリアを取り上げます。七佳旧社の石板屋集落は、屏東県春日郷北部の石可見...
*